たたみでつなぐ、心を結ぶ、相談できるタタミ屋さん

県営市営住宅・公務員宿舎の退去時リフォーム

  • HOME »
  • 県営市営住宅・公務員宿舎の退去時リフォーム

reform-img1

格安料金で退去検査の合格保証つき

県営・市営住宅や公務員宿舎を退去、引っ越しする際は退去検査があり、現在の入居者が「畳・襖・障子」の公営住宅退去3 品目を新しくしなくてはなりません。


引越しで物入りな時期だから「少しでも安く済ませたい」
でも、役所の検査担当者に「不十分だから、再度やり直し」と言われたくない。

そんな公営住宅を退去するお客様のご要望にお応えするプランをご用意しております。

※当店の退去時リフォームはリーズナブルで検査合格保障付きです。
春先は大変混みあいますので、お早めにご予約下さい。

退去時リフォームのラインナップと価格

表替え

reform-menu1

公営住宅指定品である「JAS2等」の畳を使用します。
1畳:4,500円(税別)

貼替え

reform-menu2

統一柄で現状と同等品を、市町村の要望も踏まえて用意します。
大サイズ:2,600円(税別)

障子貼替え

reform-menu3

現状と同等品、業務用の普通紙を使います。
大サイズ:2,000円(税別)

入山畳店の退去リフォーム(現状回復工事)

1、検査合格保証

公営住宅の退去(お引越し)のときには、畳、襖、障子、いわゆる公営住宅の退去3 品目を 新しくしなければなりません。
検査は役所の専門の担当者が現場にて細部をチェックしていくようなので、業者に頼んでも工事がいい加減だと検査不適合でやり直しとなってしまいます。
当店は長年に渡り、公営住宅の退去時リフォーム実績がございますので、お客様がご退去からお引渡しまでを滞りなく進められるよう、検査合格をお約束致します。

2、リーズナブルな料金

どこよりも安く、退去時の修繕用の「畳・襖・障子」の3品目をご提供することをお約束します。
公営住宅には、使用する材料にも規定があり、その規定商品を使用しなければなりません。もし、同一材料で、当店よりも安い業者さんがいらっしゃる場合は、ご相談くださいませ。
また「検査が不合格だった場合のこと」を考えれば、遠方の業者さんは避けたほうが無難といえるでしょう。

3、「3品目」以外の修繕も、まとめてお引き受け

リフォームしなければならない「3品目」以外にも、自然劣化とは言えないような入居者の責任による「痛み」落書き・破損等がある場合には、役所側から修繕を求められる場合もあります。
そのようなときも、当店で修繕することが可能ですので、併せてご相談いただければ、お力になれます。

「3品目」以外の修繕が必要になってしまった場合も、
おまかせください!

(例)

  • クロス(壁紙)、壁    落書き、破れ、めくれ上がりがある場合
  • ガラス         破損している、壊れている場合
  • 洗面台・風呂・トイレ  破損している・壊れている場合
  • 棚・柱等の木部     破損している・落書きしている場合
  • 鍵のシリンダー     物置き・玄関などのマスターキーを無くしている場合

サポート実績

当店では、公営住宅を中心に多くの退去時の原状回復工事を行っています。
サポートの実績多数あります。

PAGETOP
Copyright © 入山畳店 ~畳と襖の専門店~ All Rights Reserved.